34歳既婚男性会社員の即ハボ日記

結婚して7年たちました。
そろそろ子供も手がかからなくなってきて自由な時間が増えてきたのですが、こうなると溜まっていた性欲を発散させたくなってきました。

しかも今すぐに好みの女のコを見つけて即ハボしたいくらいにです。
風俗ではなく、一般女性と即ハボしたくなってしまったのです。

そこで最近は使っていませんでしたが出会い系サイトに挑戦することにしました。
たくさんサイトはありましたがPCMAXを選びました。
何と言っても老舗ですので、安心感と登録者数が違います。

で、私の即ハボ相手探しが始まったのですが掲示板ではなくプロフィールから検索して相手探しをすることにしました。
見た目時重視だったので写真が可愛い女のコ10人ほどにメッセージを送り24歳のMっぽいOLさん、二十歳になったばかりの短大生、そして私と歳の近い32歳の専業主婦の方から返事が貰えました。

送った内容は事項紹介と飲み友達を募集していることを書きました。
即ハボするなら酔わせてからが一番簡単ですから。

3人の女性とはまだメッセージ交換などは続いていますが、つい先日その中の一人である二十歳の短大生と実際に会うことが出来ました。

二十歳になってからお酒を堂々と飲める様になったので、かなりお酒に興味があるらしく飲みに連れて行って欲しかったそうで私の誘いにも簡単にオッケーしてくれました。

彼女の住んでいる場所に近い駅の駅前で待ち合わせをしたのですが、待ち合わせに来た彼女は顔は写メの通り可愛かったですし小柄な割に胸も大きく、私の即ハボへの欲求をさらに高めてくれました。

まずは個室の居酒屋さんで飲み始めたのですが、チューハイやカクテルから始まり酔ってきたのを見て焼酎などキツいお酒にもチャレンジさせました。
そのおかげで1時間を過ぎた辺りでは目がトロンとしてロレツも怪しい状態でした。

そうなってくれると話も早く、エッチな話題にも積極的に乗ってきてくれます。
私自身はエッチは上手いわけではありませんが、モノだけはそれなりの大きさなのでそんな話をしてみるとかなり興味津々の様でした。

興奮してきて固くなったアレを隣の席に座ってズボンの上から見せてあげたりしてもジーッと見てましたし。
その後は彼女の手を私の股間に置いたりもしました。
ぎこちなく擦れれるのがなんだか気持ちよかったです。

そして個室なのを良いことに不意にキスをしました。
強引に舌を絡めると抵抗されることもなく応えてくれました。
それで、彼女もエッチがしたいと確信した私は店を出て手を繋ぎホテルへ誘いました。

彼女も照れながらオッケーしてくれたので、ホテルまでの道のりをイチャイチャしながら歩きました。

期待通り即ハボ成功して、その日は彼女の口や顔、そしてゴム付きの挿入でたくさん出させてもらいました。

22歳独身男性フリーターの即ハボ日記

街を歩いていて即ハボを見かけるとついテンションがあがってしまう。
こんな即ハボな女と知り合う機会どっかに落ちてないかなーと思っていたら落ちていた。
落ちていた定期入れを拾ったのだが、その中に免許証が。
その写真を見る限り即ハボ確定!この顔で超デブとかはないでしょ。
この人と知り合えたらいいな。
しかもパスケース拾ってくれたお礼とか言っちゃって、ごはんでもいかが?とかいう展開になったらどうしようとか色々妄想していた。
しかし、問題はどうすれば知り合えるのかという話。
定期券に免許証まで落としたのだから相当困っているはず。
例えば駅員さんに落とし物です、と言って渡したとする。
彼女に直接渡すのは駅員さん。
僕は彼女と知り合えない。
交番に届けても結果は一緒。
僕は彼女とは知り合えない。
どうしたら良いのか僕は一生懸命考えた。
その結果、拾った駅で待つことにした。
きっと彼女は現れる、そりゃそうだ、絶対困っているのだから。
待つこと1時間。
彼女が現れた。
顔も免許証そのままの即ハボ、体型だって思った以上に美しい。
ああ、こんな人と知り合えるんだ。
この時が幸せの絶頂だったかもしれない。
けれどもなんて言って声を掛けようか考えていなかった。
そして、慌てて出た言葉が今思えば間抜けだった。

「あ、あの、これ落ちてましたよ」
「あ、私のだ。
ありがとうございます」
彼女は定期入れを受け取るとそのまま去っていった。
あ、あれれ?知り合いになるはずじゃあ。
こんなんじゃ、駅員に預けても一緒だったよ。

気分は、君にぞっこん