22歳独身男性フリーターの即ハボ日記

街を歩いていて即ハボを見かけるとついテンションがあがってしまう。
こんな即ハボな女と知り合う機会どっかに落ちてないかなーと思っていたら落ちていた。
落ちていた定期入れを拾ったのだが、その中に免許証が。
その写真を見る限り即ハボ確定!この顔で超デブとかはないでしょ。
この人と知り合えたらいいな。
しかもパスケース拾ってくれたお礼とか言っちゃって、ごはんでもいかが?とかいう展開になったらどうしようとか色々妄想していた。
しかし、問題はどうすれば知り合えるのかという話。
定期券に免許証まで落としたのだから相当困っているはず。
例えば駅員さんに落とし物です、と言って渡したとする。
彼女に直接渡すのは駅員さん。
僕は彼女と知り合えない。
交番に届けても結果は一緒。
僕は彼女とは知り合えない。
どうしたら良いのか僕は一生懸命考えた。
その結果、拾った駅で待つことにした。
きっと彼女は現れる、そりゃそうだ、絶対困っているのだから。
待つこと1時間。
彼女が現れた。
顔も免許証そのままの即ハボ、体型だって思った以上に美しい。
ああ、こんな人と知り合えるんだ。
この時が幸せの絶頂だったかもしれない。
けれどもなんて言って声を掛けようか考えていなかった。
そして、慌てて出た言葉が今思えば間抜けだった。

「あ、あの、これ落ちてましたよ」
「あ、私のだ。
ありがとうございます」
彼女は定期入れを受け取るとそのまま去っていった。
あ、あれれ?知り合いになるはずじゃあ。
こんなんじゃ、駅員に預けても一緒だったよ。